アルバイトで得たもの

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

教える側が、家庭教師で得たものは、一体どんなことでしょう。実際に家庭教師経験者にお話しを聞くと、相手に分かりやすく物事を伝えたことは、社会人になっても役立つ経験だと言います。就活面接でも、面接官の思いや意見を率直に聞け、どのような発言や態度を取れば、物事が順調に進むのか見分けられます。これは、生徒の性格や物事の考え方に応じて、臨機応変に対応してきた経験が役に立っています。つまり、最適な教え方を考えていく能力が自然と身についた証拠でしょう。

家庭教師を通じて、色々な生徒に教えてきた人は、どんな相手にも、的確かつ簡潔に意見が言えることもあります。物事を客観的に捉え、どのように伝えれば良いのか分かっているからです。コミュニケーション能力が優れ、さらに、相手の立場に立てられる人もいます。相手の立場に配慮しつつ、自分の伝えたいことをいかに正確に伝えるかは、大人でも難しいことです。しかし、家庭教師バイトをしたことで、この能力が長けていくのだと感じます。このように家庭教師のアルバイトは、難しい反面、得るものは大きいものです。いかに生徒に分かりやすく勉強指導するか、簡潔に伝わるかはあなた次第です。家庭教師を通して、人に物事を教える重要さを分かって頂きたいです。

魅力なアルバイトか?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

一対一の個別指導を行う上で、その生徒一人一人の性格や考え方に合わせて、指導方法や内容を選択していきます。指導方法が上手くいけば、家庭教師として自分を成長させたように思うでしょう。生徒の特徴や短所にそって、補足できれば目標へとステップアップしていけます。成績を伸ばすという目標を達成しなければいけないので、自ずと家庭教師の待遇は魅力だと感じる人が多いです。まず第一に魅力は、高い給与の部分でしょう。給与は、教える生徒の学年や指導内容、指導経験によって異なりますが、普通のサービス業に比べて、圧倒的に高時給です。その中でも、受験間近の高校の3年生になると時給は、自ずと高くなる傾向があります。これは、志望校に合格させるという契約があるからです。ですから、世間のイメージの中でも、家庭教師の待遇は魅力的に思えるのです。

そして、魅力的な部分は、もう一つあります。もし、派遣会社を通さずに個人で家庭教師ができる事や、大学の空き時間や、プライベート時間に、1日90分または、週1日などの勤務態勢を組みやすいのが特徴です。空き時間が沢山空いていれば、何人かの生徒たちを掛け持ちして、個別指導ができます。個人で家庭教師を行えば、仲介料を払う事なく、掛け持ちした分だけお給料も高くなります。これは、家庭教師のお仕事の中でも、一番魅力的な部分でしょう。つまり、家庭教師をする上で、教える側も時間の余裕が持て、尚且つ高時給の点で、多くの大学生のアルバイトとして人気なのです。

家庭教師のアルバイト

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

大学生が選ぶアルバイトの中で、最も多いのは家庭教師のアルバイトです。企業から派遣され、生徒の家に出向き、成績を上げられるように勉強を教えるという仕組みです。企業や時間数によって変わりますが、時給は普通のアルバイトよりも稼げるというイメージがあります。では、実際に家庭教師のアルバイトで、稼ぎたい方はいらっしゃいますか?その方には、まず時給よりも優先すべき事があると知って頂きたいです。

家庭教師の目的は、生徒に苦手な教科を教え、成績をアップさせること、大学などの受験対策を教えることがあります。生徒によって、苦手な教科が異なりますので、企業からは、苦手科目に特化した家庭教師が派遣されるのが一般的です。もちろん、苦手な教科以外にも、宿題の解説、受験指導も仕事になっています。一対一で指導していくので、生徒への配慮や共存が大事になってきています。もし、教えた生徒の成績が上がらないときは、家庭教師の教え方や行動に問題があるのか、生徒が家庭教師を受け入れていないのか、さまざまな問題点が見えてきます。

このような問題点に直面しても、大きなやりがいを感じるのかはあなた次第です。楽な仕事、時給が多いからという目的で家庭教師をしていては、生徒のために成らないということです。高時給なアルバイトだとしても、第一に生徒の事を考え、目標に向かって一緒に進む必要があります。では、もっと詳しく高時給の家庭教師の仕事について、お話しします。